FXの資金管理と環境認識を習慣づけることで得られるもの

私が数々のトレードの失敗を経て気付いたことは、FXで大事なのは、

  • 環境認識
  • 資金管理

ということでした。

そして、もっと言うなら、いかに相場に呑まれずに、この2つを行えるかということですね。

うまくいっていない方はぜひこの点を見直してみると良いのではないでしょうか?

「いやいや、FXの良いところはレバレッジでしょ?」

「いやいや、短期間で大きく稼ぐことができることでしよ?」

そんな声もあるかもしれません。

しかしながら、レバレッジをかけられるのも、短期間で大きく稼ぐことができるのも、相場の優位性があるところでトレードをするからです。

その優位性があるところを探るのが環境認識であり、リスクも考えながらロットを計算するのが資金管理です。

含み損が大きくなって証拠金維持率が低くなってくると、冷静に判断することが難しくなります。

これは自分でも無自覚のことが多いから気をつけるべきポイントですね。

気になって、チャートを何度もチェックしてしまう……

という方は、冷静さを失っているサインかもしれなので、自分を振り返る機会にしていただければと思います。

余裕を持ったトレードが良い結果を生みます。

さて、今回は、この環境認識、資金管理を習慣付けるとどんな変化が得られるか、ということを伝えていきます。

目次

FXの環境認識と資金管理をすることで得られるもの

私は二つあると思っています。

  • 待てるようになる
  • 自分にふさわしい資金でトレードができるようになる

この2つですね。

FXの環境認識をすることで待てるようになる

環境認識をすることで、この形になったらエントリーをする、という自分のルールができます。

環境認識とは、勝てる確率があるところを見つける作業であり、そこでエントリーすることで資金が増えていく可能性が高まります。

つまり、今までの無駄なトレードが減るということです。

自分がそのように納得できると、ポジポジ病は解消されるのではないかと私は思っています。

実際、私は解消されました。

これまでの無駄なエントリーが少なくなれば、無駄に資金を失わずにすみますから、たとえ勝てない状態が続いても、前よりも資金を守ることができるようになります。

これが、待てるようになるという利点ですね。

待てるようになると、資金が減らなくなることを実感できます。

FXの資金管理を身につけることで、自分にふさわしい金額でトレードができるようになる

FXはレバレッジがあるので、少ない資金でも大きな利益を上げれる側面があります。

これは事実ですが、反対に、リスクも同じくらいにあるので、あっという間に資金を失うこともあります。

多くの人は、大きく儲ける!という側面に目が向いてしまうので、リスクを考える方は少ないかもしれませんよね。

実は、大きく儲けるよりも、資金を減らさない方が大事です。

リスクに目を向け、資金管理をすることで、落ち着いてトレードができるようになるからです。

資金管理の方法も、これといった正解はない、と私個人は思っていて、とにかく、自分の感情がぶれない範囲でやっていく、という考えです。

資金も自分のドキドキしない金額でやるのがいいし、ポジションをほったらかしにしても、気にならないサイズでするのがいい。

私は、その方がうまくいきます。

「欲」でトレードをすると、必ずといっていいほど、うまくいきません。

私のこれまでの流れを書いてみると、

  1. 自宅で自分のお小遣いを得るためにトレードを始める
  2. 最初はうまくいくこともあり、資金も増える
  3. 調子に乗って、もっと増やそうとという欲が出てくる
  4. やることなすことうまくいかず、資金が減っていく
  5. 最後には投げやりで資金を溶かす
  6. もっと真剣にFXのことを勉強し始める
  7. テクニックだけでは勝てないことを知る
  8. 自分の感情のコントロールが重要であると気づく
  9. 環境認識と資金管理の重要性に気づく
  10. 自分の環境認識と資金管理のルールを守り、自分の感情を観察しながらトレードをするようになる
  11. 大きな利益はないが、コツコツ資金が増えるようになる

まだまだ相場に呑まれてしまうこともありますが、それも訓練です。

自分を高めるためにトレードをしています。

今は、結果を出すというよりも、自分のトレードをすることを意識して、結果として増えていたらいいな、という感覚です。

FXで大きく資金を増やすんだ!という方には、理解できない話にはなると思いますが、私はこの方が心地よいし、苦しくないのでこの方法をやっています。

FXにおける環境認識から決済までの流れ

最後に、復習もかねて、環境認識から決済までの流れを書いていきますね。

エントリーの形でオススメしたいのは、リターンムーブです。

他の記事でも紹介していますが、もう一度イメージ図を貼っておきます。

【買いの場合】

【売りの場合】

これは、多くのトレーダーの方が言っていることなので、あなたも目にしたことがあると思います。

ラインを引いて、相場の方向性を確認して、エントリーできるかどうかを何度も確認していきます。

順番は、

  • 環境認識をする
  • リターンムーブが現れるのを待つ
  • エントリーをする
  • 決済をする

です。

できれば、このルーティンを何度か繰り返し、成功体験を重ねていただきたいですね。

この利益を得る感覚というのも本当に重要と私は感じていて、利益が出ることでエントリーに対する信頼性が高まるし、利益を重ねていくことでそのルールへの信頼も高まります。

勝てるとわかるから待てるようにもなるんですね。

エントリーポイントを逃しても、次のチャンスで入ればいいや・・・と思えるようになれば、もっとうまくいくと思います。

心のゆとり、大事です。

繰り返しますが、

こうして待てるトレードができるようになると、日常生活が本当に変わってきます。

自分がカリカリ、イライラしていたら、その嫌な空気は部屋や家族に伝わってしまいますよね。

反対に、自分が余裕があったらどうでしょう?

あなたの周りの方も穏やかなのではないでしょうか?

そうすると、部屋の雰囲気も楽しく、明るくなり、家が安心の居場所といったものになり、良い循環サイクルに入ります。

トレードってそういう側面もあるんですよ。。。

これは、私の驚きポイントでもありました。

どんなに大きな金額を一度の取引で増やせても、チャートが気になってしまう、食事をする時間もチャートを見ている、そんな生活は私にとっては幸せではないし、求めているものでもないです。

元々は、収入を得るために始めたFXだったのですが、今はお金よりも、自分の悪いクセを知ることだったり、どんな時でも平静を保つようにする心がけだったり、自分磨きの手段に変化しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次