FXで損切りを減らすためにはどうすればいいのか?~【シナリオ通りにトレードをする】

さて、ここまでの記事で、FXにおける損切りを減らすために、

  • 環境認識をすること
  • 自分の立てたシナリオを信じ、テストと思ってトレードをすること

というところまで書いてきました。

以下の記事をご参照ください。

環境認識をして、これでやってみよう!と思えたら、あとは行動あるのみ。

実際にトレードをしてみましょう。

この記事では、そのためのコツを書いていきます。

目次

実際にエントリーしてFXデビューをする

さて、やることはシンプルです。

エントリーはチャートを見ながらしてもいいですし、指値を入れておいてもいいでしょう。

この時に、利確注文も、損切り注文も入れておきます。

あとは、自分の仕事なり、趣味なり、に集中して、なるべくチャートを見ない。

そして、時間ができたときに確認をする。

私はこのやり方が多いですね。

チャートを見るときは、自分がイメージした通りにチャートが動いているか?ということに注目しています。

損益も気になるところではありますが、未熟なりにも、環境認識をしていますし、損切り設定もしているので、大きく損失になることはありません。

逆に、意外と減らないな……と、思うかもしれませんね。

このような感じで、答え合わせをしていきます。

最初のFXトレードは最小資金、最小ロットでする

当然ですが、最初から大きい金額を入れないようにしてください。

別記事で資金管理についても書きますが、テクニック以上に大事なのが資金管理でもあるからです。

確かにビギナーズラックという偶然なラッキーは存在します。

でも、FXはそんなに甘くはない世界であることも事実です。

自分が勉強代と思える金額、失っても良いと思える金額でトレードすることですね。

最小ロットでやるのが良いと思います。

中には、

「デモトレードではダメですか?」

という方もいらっしゃるのですが、私は少額でも自分のお金でやった方が良いと思っています。

自分でお金を出す、出さない、では、やはり真剣度が変わってきますからね。

ちなみに、私は資金1万円、0.01ロットでスタートしました。
※私はXMTradingを使っています

資金1万円であっても、最初のトレードはドキドキするし、勇気もいるし、できるならお金を減らしたくない、という思いが強いものです。

その感情は普通なので、そういうもの、みんな同じであると思って、そっとしておいてください。

大事なのは、実際にトレードをするということです。

自分が立てたシナリオが機能するのか検証する、という気持ちでやるのが良いと思います。

私たちは社会的な生き物でもあるので、勝ち負けで考えてしまう、損得で考えてしまう、善悪で考えてしまう、という側面も少なからずあります。

ましてやFXの世界は、勝ち負け、損得の世界といっても過言ではありません。

周りの影響を受けないことも大事な心構えです。

ですので、繰り返しますが、

  • テストをする
  • 検証をする

という視点でトレードをしてみてください。

勝った!負けた!でトレードをしていると、いつか痛い目を見ますので!

もっと持っていたら、利益が大きかったのに……という感情との向き合い方

トレードをしていると、自分が設定した利確ポイントを超えて、伸びていくことがあります。

そこで、「もっと持っていれば良かった……」という気持ちになる場面も結構出てくるんですよね。

私は、いつも悔しい気持ち、損をしたような気持、つまり、あまり良いとはいえない感情を感じることがたくさんありました。

この場合の感情の乗り超えるコツは、

「自分は間違ったトレードをしていない」

と思うことです。

正直なところ、1回のFXのトレードで大きめの利益を狙う必要はなく、チャンスはまたくるし、FXは繰り返しトレードしていくことで資金が増えていきます。

自分のルールを破ってトレードをする癖がついてしまうと、いつか資金を飛ばします。

トレードは「自律」が求められるのです。

私がエントリー後にチャートから離れるのも、チャートを見ると感情が動くので、自律が難しくなるからです。

トレードを繰り返し行うことで私が思ったことは、私はFXで利益を得るということよりも、こうした自律できる自分に成長したいのかな、ということでした。

  • 自律できる自分になれば、結果として、トレードでも利益を上げ続けることができる

今はまだ仮説の段階ですが、実証できるかなと思って日々トレードに向き合っているところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次